結婚で得られるものと失うもの

得る物失う物 結婚・婚活においての心構え

このブログでは、

「結婚相談所とはどういう場所か?」
「結婚相談所の効率的な利用方法は?」
「結婚するにはどうしたらいい?」

などを扱ったブログですので、訪問者の多くの方が「結婚したい」と考えていらっしゃるものと思われます。

 

しかし結婚というものは、独身の時とは生活スタイルがガラっと変わるわけですから、良いところもあれば悪いところもあります。

そこで、結婚したことで「得られるもの」「失うもの」について、改めて整理しておきたいと思います。

結婚で得られるもの

社会的信用

やはり、一番はこれではないでしょうか。

結婚に焦っている人の中には、「結婚していないと変な目で見られるから早く結婚したい」と思っている方も多いようです。

 

不思議なもので、結婚しているというだけで、なんとなく「その人はちゃんとしている」と思われる風潮がありますよね。

実際、なんとなく変わったように見られる人でも、「ああ、でもあの人結婚してるし。」なんて言われると、「ああ、そうなんだ。 ちゃんとしてるんだ。」となってしまうシーンがよくあります。

一気に見る目が変わり、「実はちゃんとした人」という印象に早変わりしてしまうのです。

本当は、「結婚してればそれだけでまともな人」なんてことはないのですが。。

また逆もしかりで、凄くカッコ良い男性やかわいい女性が、30代中盤になっても独身でいると、「あの人、中身に何か問題でもあるのかな・・・?」といった邪推をされてしまうことがあります。

 

令和になった今でも、「結婚しているかどうか」は、相手に与える印象がかなり違うようです。

老後への不安

20~30代まではあまり考えることはないでしょうが、40代~50代になると急に襲ってくるのが『老後への不安』

若いうちはいいですが、年老いてからも一人というのは、想像するとやや寂しく怖いものがあります。

 

年老いてからの生活は、いろいろ不便なもの。

病気をしやすくなるし、力が無くなるので物の持ち運びもしにくくなるし、移動力・活動力が落ちますし、心も弱くなりがちなので寂しさ・心細さも増します。

そんな時に心の繋がったパートナーがいるかいないかで、心理的な負担はだいぶ違ってくるでしょう。

さらに子供もいれば、将来何かあった時に頼れるという安心感も生まれます。

足りない部分を補い合える

例えば男性で独身の場合、仕事をしているならお金にはそんなに困らないでしょう。
自由に時間を使えて、自由にお金を使えて、自由に生活できます。

しかし、洗濯や掃除といった家事を苦手とする男性は多いはず。

そこへ「働くのは苦手だけど家事が得意」といった女性が現れ、一緒に生活してくれたら助かりますよね?

 

このように、得意とするものを持ち合った二人が一緒に助け合って生活することで、経済的・精神的に豊かな暮らしが期待できます。

何か物事に対処する際も、二人いればどちらかが得意であることが増えます。

例えば、、、

■夫は家事が苦手だが、奥さんは得意
■奥さんは家の賃貸契約のような事務処理的なことが苦手だが、夫は得意
■夫は近所付き合いが苦手だが、奥さんは得意
■奥さんは日用大工が苦手だが、夫は得意

・・・など。
それぞれが得意なことを分担できます。

たまに「二人とも苦手」なこともあるかもしれませんが、苦手なことも二人で一緒にやれば解決しやすいはず。

結婚で失うもの

自由

自由な時間や生活を失う。
やはり、失うものとしてはこれが一番大きいでしょう・・・

「まだ結婚したくない」という人の理由の多くが、「自由が無くなるから」というものなので。

確かに、結婚すると独身時代に比べて大幅に自由が制限されます。
子供が生まれればなおさらです。

家族の為に使うお金と時間が増え、自分の為に使えるお金と時間はガクンと減ります。

プライバシー

独身時代なら、自分の家で何をしていても平気です。

熱ければパンツ一枚で、なんなら裸でくつろいでいてもOK。
歌いたくなれば、近所迷惑にならない範囲でボリュームを上げ、大声で好きなだけ歌ってもOK。
テレビもDVDも、誰に気兼ねすることなく観たいものを観たい時に好きなだけ観てOK。

その他、何をしようが咎める人もいなければ、眉をひそめる人もいないのです。
普段人に見せられない姿を、好き放題さらしてよいのです。

 

しかし、結婚するとそうはいきません。

いかに気を許したパートナーでも、「親しき仲にも礼儀あり」のことわざ通り、最低限気を遣って生活しなければなりません。

異性を異性として見ることが表向きタブーとなる

彼氏・彼女がいる時も、異性を異性として見てしまうことはタブーかもしれませんが、結婚してからのそれとはレベルが違います。

恋人関係の時に浮気をしても痴話げんかで済みますが、結婚関係がある時に浮気をすれば民法に引っ掛かってしまい、慰謝料請求などの対象になります。

さすがに刑事罰はありませんが、民法上は縛られることになります。

最後に

いかがでしたでしょうか?
得るもの・失うものを見て、「早く結婚したい!」と思う人もいれば、「一生結婚したくない・・・」と思う人もいるでしょう。

正解があることではないので、自分の気持ちに素直に従うのがベストだと思います。
結婚には、メリットもデメリットもあるので。

ただ個人的には、やはり結婚は良いものだと思っています。
ありきたりな言葉ではありますが、一人では味わえない人生の豊かさを堪能できるので。

もちろんその分苦労も多いですが、結婚には苦労に勝る喜びがあると私は感じています。

タイトルとURLをコピーしました