結婚に必要な最低年収と求められる貯蓄額

年収と貯金 結婚・婚活においての心構え

結婚には、何かとお金のかかるもの。
結婚式や、新婚生活を送るための家や家具などなど・・・

では、結婚の際にはどれくらいの年収や貯金額が必要となってくるのか、または求められるのか。

そのあたりについて解説していきます。

結婚に必要な最低年収

結婚する際に、男性ならば、

「自分にどれくらいの年収があれば納得してもらえるのか」

女性ならば、

「相手にどれくらいの年収があれば安心なのか」

この点について悩む人も結構多いです。

 

もちろん、厳密に「いくらあるのが一般的」「最低これくらいあれば大丈夫」という額はありません。
住む場所求める生活レベルなどによって、必要なお金は全然変わってきますから。

年収が200万だろうと、子供が大好きで優しい旦那ならそれでいいという女性もいれば、まずは経済力が大事!最低500万はないとダメ!という女性もいるでしょう。

このあたりは、本当に人それぞれ違う部分であり、目安となる金額も何もありません。

 

しかし、女性が男性に望む年収として、「最低400万円以上」というラインが一般的のようです。

中には、「最低年収は800万!」といった女性の意見もあり、腹を立てる男性も多いようですが・・・

確かに今のご時世で、そこまで多くを求めるのは望み過ぎだと思ってしまうのも無理はないでしょう。

 

しかし、恋愛結婚ならまだしも、結婚相談所を介した場合やお見合いの場合は、どうしても男性側の年収は大きな要素になってしまいます。

社会生活の流れの中、感情メインで自然と成り立っていく恋愛結婚と違い、結婚相談所を介した場合やお見合いの場合は、どうしても条件的な部分が重視されてしまうので。

男性の場合ですと、女性に容姿や家庭的な部分を求めたり。
女性の場合ですと、男性に年収や貯金額を求めたり。
・・・という具合に。

結婚時に求められる貯蓄額

では、結婚の際に、女性は男性にどれくらいの貯蓄額を求めているのか?

これも年収同様に「ピンからキリまで」という感じで、一概に平均を出すのは難しいと思います。
また、平均を知ったところであまり意味はないでしょうし。

ただ多くの場合、女性は男性側に300万円以上の貯蓄を求めているようです。
確かに、結婚にかかる諸々の費用や将来を考えると、これくらいは必要かもしれません。

 

結婚には意外と費用がかかるもの。

まず、結婚式に大体200~300万円
後々ご祝儀である程度は埋められるますが、支払いの時にはまだご祝儀はないので、事前にこれくらいの費用を用意しておく必要があります。

そして、同居の為の引っ越し代や家具代。
これもバカになりません。
100万円単位のお金が必要になるでしょう。

そして、婚約指輪と結婚指輪。
合わせて50万円は必要でしょう。

 

一般的な結婚をする場合、大体これくらいの費用がかかります。

非常に高額なため、親からの援助を受ける人も多いようです。

しかし、全員が全員、上記のようなパターンを辿るわけではありません。
地味婚に抑えたり、結婚式自体やらなかったりする人も多いですし。

なんだかんだで一番大事なのは、お互いの気持ちや相性ですね。

タイトルとURLをコピーしました