幸せな結婚をするための厳選三カ条

幸せな結婚 結婚・婚活においての心構え

「幸せな結婚をしたい」

誰もが望むことですよね。

結婚は人生の中でもトップクラスのビッグイベントで、今後の人生が楽しいものになるのか辛いものになるのかの分かれ目でもあるのですから。

 

では、幸せな結婚をするためには、どんなことを心掛ければよいのでしょうか?

いろいろあるのですが、あまりズラズラと羅列しても仕方がないので、思い切って3つに絞ります。

それでは以下に、私が思う「幸せな結婚に辿り着くための三カ条」を挙げてみたいと思います。

その① : 偶然を無駄にしない

ふとしたきっかけで喋り、連絡先も交換した。
自分は、その相手に対して好感も持っている。

そんな時に・・・

「今は時間がないから、今度時間ができたら連絡しよう」

「こっちから連絡する勇気がなかなか出ないなぁ・・・ 相手から連絡があるのを気長に待ってみよう」

こんな感じで、なかなか行動を起こさない人、いませんか?

これは非常に勿体ない事です。
こんな待ちの姿勢じゃ、掴めるチャンスも掴めません。

そもそも、こんなきっかけ自体を掴めない人も多数いるのですから、そんな中でせっかく掴んだきっかけを、積極的に活かそうとする姿勢・行動力は絶対に必要。

 

時間がないのなら作ればいいのです。

大人になれば、誰だってあまり時間がありません。
そこをなんとか時間を作るのが、結婚できる人なのです。

 

勇気が出ないのなら、お酒を飲んだ勢いでもいいからとにかく連絡するのです。

最初のきっかけ作りに、何の力を借りようが問題ありません。

 

一番良くないのは、だらだらと言い訳をして何も行動を起こさないことなのですから。

その② : 「お金」よりも「価値観」を重視する

結婚の条件として、「経済的安定」を求めるのは当然のことかもしれません。
しかし、お金をメインに選んでしまうのはいかがなものでしょうか。

 

そもそも、完全なる経済的な安定などは、「元からずば抜けた資産家」といったことでもない限り、まず担保されません。

大きな会社に勤めていようが、事業を興して年収ウン千万とあろうが、ちょっとしたきっかけで消えて無くなります。

そしてお金だけを求めて結婚した場合に、その「お金」が無くなってしまうと、そこにはただただ虚しい関係だけが残ります。

そうなってしまわないように、経済的な部分もある程度結婚条件に入れつつも、決してメインにはしないことが大事です。

 

そんなことよりも、

■趣味が合うか?
■会話が合うか?
■一緒に居て落ち付けるか?
■将来設計について考え方が一致しているか?(欲しい子供の数や老後に住みたい場所など)

こういった部分を重視して相手を選ぶことが、末永く仲良く暮らしていくためには大事です。

その③ : 生理的に無理な部分以外は、相手の欠点を受け入れる

人間誰しも、「生理的に無理」という部分はあると思います。

これについてはどうしようもありません。

生まれついてのものや育った環境などにより、

「どうしてもあれが嫌い」
「これが受け入れられない」

ということは、人間誰しもあるものですから。

そして、これまでの人生で長年かけて培われてきた嫌悪感は、そう簡単に消せません。
ですので、生理的に無理な部分については一切妥協しなくていいと思います。

 

生理的に無理というのは、例えば・・・

太った人が無理
不潔な人が無理
背の低い人が無理
おしゃべりな人が無理
鼻の大きい人が無理
毛深い人が無理

などなど・・・

「どうしてもこれだけは我慢できない」と思うところがあるのならば、それは素直に感情に従ってよいと思います。

その代わり、その他の部分での欠点については極力目をつむるべきです。

 

完璧な人間など、この世にいません。
皆、何かしらの欠点を持っています。

そして、治すことのできる欠点もたくさんあります。

治せない欠点についても、「それはこの人の個性」と割り切るべき。

その他の長所を気に入ってその人を選んでいるわけですから、

「この部分については仕方ない」
「こういう欠点があるから、ああいう長所もあるわけだし」

といったように考えてみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました