結婚と婚約の違い

結婚と婚約の違い 結婚・婚活においての心構え

「結婚」と「婚約」の違い。
基本的なこととはいえ、意外と知らない人も多いのかもしれません。

婚約とは?結婚とは?

まず「婚約」とは、「入籍の約束をすること」です。

そして「結婚」とは、「約束を実行し、実際に入籍すること」です。

指輪の違い

婚約と結婚では、男性が女性に贈る『指輪』にも違いがあります。

婚約指輪

結婚の約束の証として、男性から女性に贈る指輪のこと。
別名「エンゲージリング」とも呼ばれます。

宝石には、ダイヤモンドや女性の誕生石が使われているのが一般的。

結婚指輪

実際に結婚した時に二人でつけるための指輪のこと。
プラチナや金でできたシンプルな作りとなっている指輪が一般的。

3つの指輪が必要

この2種類の指輪ですが、通常は婚約指輪の方が高価になる場合が多いようです。
昔よく「給料の三か月分」なんて言われていたのは、こちらの婚約指輪のことです。

つまり男性は、結婚するまでに合計3本の指輪(婚約指輪1本&結婚指輪2本)を買う必要があるわけです。

意外と知らない男性が多いようですが・・・

タイトルとURLをコピーしました