結婚相談所を利用するのは恥ずかしい?

結婚相談所を使うのは恥ずかしい? 結婚相談所について

結婚相談所を利用してお付き合いが始まった時に、

「今の彼女(彼氏)とは、結婚相談所を介して知り合ったんだ!」

・・・と堂々と言えずにいる人もいらっしゃるようです。

私としては、これが不思議で仕方がありません。

出会いの形に「不自然」も「恥ずかしい」もない

世の中には、ナンパ合コン紹介などで出会う人がいくらでもいます。

正直、こういった出会いと結婚相談所での出会いには、違いなど全くありません。
すべて、出会いの形の一種に過ぎないのですから。

 

「結婚相談所は、高いお金まで払って出会おうとしていて、必死な感じがする」

という意見もあります。

しかし、質の高い出会いを求めるならば、費用が高くなるのは当然のことです。

 

合コンに参加する人の中には、結婚する気などサラサラない人も大勢いるでしょうし、なんなら恋人がいるのに参加している人もいます。
ナンパならばなおのこと。

ナンパや合コンや紹介は、確かに安価でしょう。
男性側が、その場での飲み代やカラオケ代などを負担すればいいだけですから。

ですが、その出会いは非常に不安定で儚いもの。

そこに参加している人に真剣さがあるかどうかは全く分かりませんし、もしかすると、ただただ性欲の処理をするためだけに参加している人もいるかもしれません。
しかも、合コンや紹介の場合は「かなり限られた範囲」の人としか出会うことができません。

要は、『出会いの質』が低いのです。

 

しかし結婚相談所ならば、そういった浮ついた人や、既にパートナーがいるのにいないと偽っている人はほぼいません。

彼氏や彼女がいる状況で、わざわざ高いお金を払って結婚相談所に入会する人はまずいないでしょうから。

普通に出会うよりも高くつく分、真剣な人とだけ出会うことができるのです。
しかも、何千人・何万人という人が登録している中から自分にマッチする人を選べるわけです。

まずは『結婚相談所の利用は恥ずかしい』という偏見を捨てるべき

結婚相談所という存在がだいぶ認知されてきたとはいえ、まだどこかで「恥ずかしい」という気持ちを持っている人もいるようです。

しかしそれは、前述の通り、すべて間違った偏見によるもの。

もちろん、無理に結婚相談所を利用する必要はありませんが、利用したいのにおかしな偏見が邪魔しているようならば、そんなおかしな偏見はさっさと捨てるべきです。
なんら恥ずかしい事もおかしいこともないのですから。

 

今後はもっともっとスタンダードになっていくであろう「結婚相談所やマッチングアプリを利用しての出会い」
妙な偏見で機会を逃す人が増えないようになって欲しいものです。

タイトルとURLをコピーしました