「仲人型」と「結婚情報提供型」

仲人型か結婚情報型か 結婚相談所について

結婚相談所には、大きく分けて2つのタイプがあります。
それは、「仲人型」「結婚情報提供型」です。

「仲人型」の特徴

「仲人型」の結婚相談所の特徴は、個人経営的な感じで小さくやっているところが多いということ。

仲人型を利用するメリットは、いわゆる「世話焼きおばさん」といったような人が親身になって相手を探してくれるという点です。

「残念ながら相手が見つからなかった」で終わることは少なく、とりあえずなんとかして相手を探してきてくれる可能性が高いです。

引き合わせてくれた後もほったらかしにはせず、間に入っていろいろとフォローをしてくれる、というのも特徴の一つ。

 

しかしデメリットもあります。

そうして見つけてきてくれた人が希望条件からかけ離れていることも多いということ。

何しろ個人経営のようなものですから、探してくる相手はどうしても狭い範囲に限られてしまいがち。
そういう状況では、なかなか希望に沿う相手とは巡り会えないことも多いでしょう。

「結婚情報提供型」の特徴

「結婚情報提供型」の特徴は、手広く運営していることが多いため、自分の希望条件に合致する相手と出会える可能性が高いという点。

結婚相談所に入会している全国の会員から希望条件をもとに相手を探すのですから、それだけ理想の人を探せる可能性が高まるわけです。

 

しかし、仲人型のように一人一人丁寧に世話をしてくれるわけではなく、ある程度自分で動いていく必要があります。

なんでもかんでも会社側がやってくれるわけではなく、自ら支店に出向いてパソコンや紙データで自分に合う人を探したり、積極的に担当者と連絡を取って相談したり、といった感じで。

ただ待っているだけではダメなのです。

どちらが婚活に向いている?

どちらも一長一短という感じの「仲人型」と「結婚情報提供型」ですが・・・

個人的には、やはり「結婚情報提供型」の方が婚活には向いているのではないかと思います。

 

任せっきりで待っているだけでお見合い相手を探してきてくれる可能性が高い仲人型。

しかし、理想とかけ離れた人が来る可能性も高い上、個人で小さく営んでいるところが多いためそもそもどこにそういった相談所があるのかわかりにくいという難点もあります。

そして、仲人としての実力もわからないので、どうしてもギャンブル的な婚活となってしまいがち。

結婚は、基本的には一生に一度となるような大イベントですから、ギャンブル的な要素はできるだけ排除した方がよいのではないかと思います。

 

結婚情報提供型ならば、相手候補は全国にいるわけですから、自分の理想の人と出会える可能性も高くなります。
そして時間的にも、自分の都合に合わせて自由に動くこともできます。

ネックなのは、「自分でいろいろと動いていかなければいけない」というところですが、「結婚活動」というくらいですから自らいろいろ動くのは当たり前のこと。

疑問に感じたことは積極的に担当者に質問したり、好みの異性がいたら積極的に連絡を取ったりと、自ら行動を起こしていくことは当然と言えるでしょう。

当ブログに掲載している結婚相談所

なお、当ブログに掲載している結婚相談所はすべて「結婚情報提供型」です。

その中でも、仲人型と結婚情報提供型の中間くらいに位置するところもあります。

パートナーエージェントはまさにそうですね。
「コンシェルジュ」と呼ばれる専任スタッフがついてくれて、熱心にサポートをしてくれることに定評があります。

「自らガンガン動くのが苦手」という場合には、こういったところの利用を検討してみるとよいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました